コース詳細

仕事の効率を33.1%アップするダンドリ術

概要 1)重要な仕事にスピーディーに取りかかれるようになる
2)仕事に前向きに取り組めるようになる
3)判断に迷わなくなる
4)成果が出るまで行動を続けられるようになる
5)人の力を借りやすくなる。
対象者 若手社員
実施日時 2016/10/5(2時間半) 18:30〜21:00
費用 \8,000(税別)
会場 NVセミナールーム
講座内容 序.3つの力とは
決断力…決める
実行力…やる
継続力…あきらめない
?
1.彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず
彼とは…仕事に関わる全ての人々
     お客さま、取引先、上司、同僚、後輩・など
     自分の仕事に関わっているのは誰か?
 己とは…自分の仕事
     どんな役割を期待されているか?
どんな成果を期待されているか?
?
2.決断力を身につけるために
?優先順位を明確にする
 1)時間管理マトリックス(緊急×重要)
 【ワーク】仕事の棚卸…現在担当している仕事を緊急×重要の判断軸で数値化する
 2)パレートの法則(80:20)
?3つのシナリオ
 最高・現実・最悪
 ⇒想定外をなくす
?決断力を身につけるコツ

 2)決断基準を決める
【ワーク】マイルールを作ってみよう
 やりたくないことリスト
自分との約束
他人との約束
 3)後悔しないほうを選ぶ
もし、それをしたら後悔することになるか?
もし、それをしたら後悔を避けることができるか?
?
3.実行力を身につけるために
?仕事を小分けにする
 例)企画書を作成する場合
 【ワーク】ふせんスケジュール管理術
?MECE(モレなくダブリなく)
?
?
4.継続力を身につけるために
?人の力を借りる
 1)相手の価値を認める
【ワーク】短所変換
  2)相手の信頼を得る3つのS
   『素直』『正直』『叱られ上手』
3)さりげなく相手を巻き組む相談のコツ
 ピッタリ相談のコツ
『相手を選ぶ』『空気を読む』『前倒しで相談する』
もれなく相談のコツ
『結果を報告する』『もれなくダブリなく』『相手を認める』
わかりやすい相談のコツ
『目的は問題解決』『準備を怠らない』『自分を持つ』
 ?自分でやる
  自立型姿勢
いかなる環境・条件の中においても自らの能力と可能性を最大限に発揮して道を
切り開いていこうとする姿勢
  ◆問題と向き合う姿勢
   自立型…自己依存、自己管理、自己責任、自己評価、他者支援
   依存型…他者依存、他者管理、他者責任、他者評価、自己利益
  ◆他者と向き合う姿勢
   見本 ⇒ 信頼 ⇒ 支援
  ◆自立型問題解決発想
  プラス受信の三原則…客観的、好意的、機会的

このコースのお申し込みは締切となりました。次回の日程が決まり次第お申し込み頂けます。


Page Top