コース詳細

IoT・AIを含むエンタープライズ向け要件定義セミナー

概要 「一覧と詳細なドキュメント」という従来からの要件定義では、システムの全体像や整合性を誰も語れなくなります。
物事の依存関係を意識することで、システマティックに要件を定義することができます。
システム化の価値を明確にし、そこからシステム化対象を明らかにするのが、このセミナーで紹介する手法(RDRA)です。
IoTやAIなどの様々な技術要素がエンタープライズ向けのプロジェクトでも必要になっています。
多様な技術要素を持つメンバー間のコミュニケーションを促進し、合意にもとづく要件を定義する手法を演習を通して学びます。
対象者 ・IoT、AIを含む要件定義に興味のある方 ・整合性と網羅性のある要件定義の手法を学びたい方 ・イテレーティブな開発のための要件定義を学びたい方
実施日時 2020年2月3・4日(2日間) 10:00〜17:00
費用 \77,000(税別)
会場 NVセミナールーム
講座内容
■スケジュール
≪1日目≫
講義
 精度の高い要件定義手法とは
演習教材
 タクシーをスマホから呼び出す
 乗客の性別、年齢層を識別(AI)
 料金精算の機器の作成(IoT)
演習ステップ
 エンタープライズ側の要件をつめる
 ・システム化の全体像をつかむ
 ・システム化要求を把握する
 ・システム化する情報、状態を整理する
 ・システム化対象を明確にする
 ・システム化の精度を向上させる

≪2日目≫
講義
 要件定義のためのプロセスとは
演習ステップ
 デバイスアプリの開発
 ・利用者からドライバーの呼び出し
 ・アプリ連携の要件定義
 専用機器の開発
 ・料金決済用の機器開発
 ・IoT機器の要件定義
 AIとの連携
 ・乗客の自動認識
 ・画像認識を使った年齢層、性別の識別

お申し込み人数

 
Page Top