IT関係の職種と内容

ITが急速に発展していることもあり、今ではIT関係の職業が数多くあります。IT関係の仕事は技術力がない方もチャレンジできますが、ITスキルを磨いて資格を取得しておけば幅広い分野に活用することができます。こちらではIT関係の職種と内容をご紹介しています。

システムの設計を行う職業

ハードウェアとコンピューターの起動に必要なプログラムを組み合わせ、システムの設計を専門に行うのがシステムエンジニアです。システムエンジニアはクライアントの要望を反映させたシステムを設計しなければならないので、責任感のある仕事です。近年、システムエンジニアの仕事はクライアントの先を見据えた源流工程や超上流工程を担当することが多くなっております。

ネットワーク環境を構築する職業

ネットワーク上のデータを快適に送受信するためにはシステムを構築する必要があり、システムの構築を専門に行っているのがネットワークエンジニアです。構築だけでなく設計や運用などもネットワークエンジニアが行っており、スイッチやルーターなどの専用機器を結ぶことをメインに仕事を行います。資格がなくてもネットワークエンジニアとして働けますが、資格を取得することで対応できる仕事内容が増えます。

お客様のサポートをする職業

お客様からソフトウェアやハードウェアなどの故障、操作に関する相談を専門に対応するのがテクニカルサポートです。サポートデスクやヘルプデスクという名称を使っている企業もありますが、内容はテクニカルサポートと同じです。お客様からの問い合わせに対して的確に返答するためには、製品に関する知識を覚えておく必要があり、事前に研修を受けてから業務を開始するのが基本です。ITスキルを磨いて資格を取得しておけば専門的な問い合わせにも対応できるので、スムーズに受け答えができます。

まなビレッジではOS講座やDB、Webアプリ開発といったITスキルが身につく講座を数多くご案内しております。開発工程などの基礎からしっかりと学ぶ講座やシステムエンジニアに求められ源流・超上流・上流工程に応じたスキルを学ぶ講座も受講ことができます。ITスキルを仕事に活かしたいとお考えの方はぜひご利用ください。

Page Top