システムエンジニアとして必要なスキル

システム開発の上で要求定義、要件定義、設計、開発、テストを行う際はシステムエンジニアが必要となり、企業にとってなくてはならない存在です。システムエンジニアは需要のある仕事ですので、目指している方も多くいらっしゃいます。こちらではシステムエンジニアとして必要なスキルをご紹介します。

解決力に優れている

システム開発の際にはプロジェクトに応じて、マネジメント上のトラブルやシステムの不具合といったトラブルが発生する場合がありますが、その際に素早く問題を解決できるスキルを持っているかがポイントになります。またシステム開発工程の途中で不具合が発生してしまった場合でも、慌てず冷静になって不具合をどのように解決するか考えることも必要なスキルです。

専門知識が豊富である

システムエンジニアはプログラムが未経験の方でも経験を積んでいくことで開発や設計などを行うことができますが、プログラムに関する知識があれば効率的に業務を行うことができます。プログラムに関する知識を持ったシステムエンジニアであれば、プログラマーに依存することなくシステム改修の際に無駄なく適切に改修を行うことができます。データベースや開発言語(Java言語等)を理解していれば開発工程も最小限に抑えることができます。プログラムの知識は必須ではないですが、プログラマーとある程度コミュニケーションを取ることができるスキルは身につけておく必要があります。

相手の立場に立って考えることができる

顧客と従業員、経営者ではそれぞれシステム開発に対する要求が違っていることがあり、システムエンジニアはそれぞれの要求に応える必要があります。
顧客と従業員、経営者がシステム開発にどういった要求を持っているのかを考えながら開発を進めていく必要がありますし、的確に聞き出すためのコミュニケーションスキルが必要となります。

システムエンジニアとして活躍するためのスキルを身につけたいとお考えの方は、まなビレッジのセミナーをご利用ください。アジャイル開発やスクラム開発、オブジェクト指向開発といった開発工程に応じたITスキルが向上するセミナーから、プロジェクトマネジメントの基礎や実践が学べるセミナーなど多数ご紹介しています。割引制度も充実していますので、ITスキルを身につけたいという方はお気軽にお申し込みください。

Page Top