取得しておくと役立つIT資格

システムエンジニアは専門的な仕事を行いますが、IT業界での経験がない方でもチャレンジできる職業です。システムエンジニアは特別な資格を取得していなくても働くことができますが、資格があればそれだけ有利になります。システムエンジニアとして活躍するために取得しておくと役立つ資格がありますので、こちらでご紹介します。

情報処理技術者試験

経済産業省が主催するIT業界の国家資格です。入門資格であるITパスポートから基本資格である基本情報技術者試験、応用情報技術者、またその上に専門的な分野毎に高度情報技術者試験があります。基本情報技術者試験は、システムエンジニアだけでなくプログラマーの方も受験する資格であり、この試験ではシステムエンジニアやプログラマーとして働くために必要とされる基礎知識はもちろん、情報処理に関する問題も出題だけでなく、管理や経営に関する内容も出題されます。IT業界の全般に関する知識が必要とされる試験です。

この資格を取得することで弁理士や診断士など一部の試験で免除が受けられます。IT業界で活躍を目指したい方は基本情報技術者の資格取得をおすすめします。以前は技術者を対象とした取得できる資格でしたが、ITの発展によって現在は誰でも受験することができるようになっています。

ベンダー試験

IT業界にはOSやNW、DB等、それぞれ製品に特化したベンダー資格があります。基本情報技術者はIT技術者として網羅的なスキルを証明することに対し、ベンダー試験では、仕事で利用する製品に応じたITスキルを証明する資格です。主なベンダーでは、OSの一種であるLinuxの技術力を証明するLPICや、NW機器であるCiscoの技術力を証明するCCENT/CCNA等、DBの一種であるOracleの技術力を証明するORACLE MASTER。プログラマーとして、Javaプログラミング技術力を証明するOCJPなど、様々な資格があります。高い専門知識や技能が必要とされていますので、IT業界である程度の業務経験を積んでいる方やこれから製品の仕事をする方が取得される傾向があります。

まなビレッジではIT資格講座を提供しており、情報処理技術者試験やベンダー資格にも対応した公開講座もご案内しております。また、資格だけでなくSE養成講座で源流や上流工程が学べるセミナーからスキルアップを目的としたセミナーなど、豊富な公開講座をご案内しております。ビジネスに活用できる講座で幅広い世代の方を支援していきますので、IT資格講座やSE養成講座を受講されたい方はぜひご活用ください。

Page Top