IT業界で活躍するために

1980年代から徐々に普及し始めたITの業界は瞬く間に急成長を遂げ、現在の主要サービスとなっている情報サービス産業は、第三次産業として経済発展に大きく貢献しています。歴史の浅いIT業界。
そのため、若いIT企業もたくさん存在しています。

これからも世界は人口増加の一途を辿り、それに伴って身近な所もシステム化することが予想されています。さらにIT化が進むことを考えると、ITスキルを身につけておく必要があるのではないでしょうか?

個人的にITスキルを磨くことで、IT専門の業界に限らず様々な業界で優遇されるかもしれません。
時代のニーズを先読みし、情報社会を牽引する人材として活躍していくためにも積極的にITセミナーに参加するのもいいでしょう。

まなビレッジではITスキル向上講座、ビジネススキル向上講座をご紹介しております。経済産業省が策定するITスキル標準(ITSS)の知識が重要視されているレベルまでスキルを身につけませんか?

ITスキル標準(ITSS)とは

個人のシステム開発能力を職種や専門分野ごとに体系化・明確化し、IT人材に求められるスキル・キャリアを示した指標です。11の職種を分類し、さらに合計38の専門分野を設けて、各専門分野において技術者の能力や実績に基づき7段階のレベルを規定しています。スキルレベルはエントリ(レベル1,2)・ミドル(レベル3,4)・ハイ(レベル5,6,7)に区分されていて、レベルごとに求められる経験(達成度指標)や習得すべき知識(熟達度指標)で定義されており、経験・知識を統合して、総合スキルレベル判定がされます。 他のスキル標準として、システム発注者側の技術指標を示した標準であるUISS、携帯やカーナビなどのシステム化を構築するための技術指標を示した標準であるETSSがあります。

ITスキルとともにパーソナルスキル・ビジネススキルも

どのスキル標準でもパーソナルスキルやビジネススキルの定義はあり、システムに携わる上で重要な要素です。
パーソナルスキルはリーダーシップ、コミュニケーション力、ネゴシエーションなどから構成されています。ビジネススキルは、経営、会計、マーケティングなどから構成されています。時代の流れによってめまぐるしく求められるスキルが変わるIT業界では専門的なスキルが必要なのはもちろんのこと、パーソナルスキルやビジネススキルも身につけておく必要があります。柔軟に対応していくためにもパーソナルスキルやビジネススキルも磨きましょう。

まなビレッジではビジネススキル向上に役立つ講座をご紹介しています。短時間の講座から、数日間にわたる講座までございます。IT業界で活躍していくため、ぜひお役立てください。

Page Top