OSの豆知識について

パソコンを使用するうえで、OS(オペレーションシステム)という言葉を耳にすることがあります。
パソコンを動かすために必要不可欠なプログラムで、基礎と言えるソフトウェアです。

iPhone・Androidともに専用のOSがあるように、普段使用しているパソコンにも複数のOSが存在します。人間とソフトウェアの介在役となるOSについてあまり詳しくない方も多いのではないでしょうか?こちらではOSについてご紹介していきます。

OSとは

Operating Systemの頭文字からOSと言われています。OSの役割はパソコン全体の管理を行い、ユーザーに対して基本的な機能を提供するソフトウェアです。パソコンのハードウェア・ソフトウェア・ユーザーの三者を結びつける縁の下の力持ちとしての役割を担っています。パソコン内部の各種ハードウェアを管理して、アプリケーションが動く環境を提供したり、ユーザーに対してファイルやアプリケーションを操作するためのインタフェースを用意するなど、パソコンを動かすうえで貴重な存在です。

OSの種類

代表格は米Microsoft社が販売するWindowsと米apple社が開発・販売するMac OSとスマートフォンやタブレット端末用プラットフォームで頻繁に使用されているAndroidです。Windowsは企業から一般家庭まで、幅広い範囲で用いられているOSであり、事実上の世界標準となっているOSです。
1995年に発表されたWindows95をきっかけに爆発的に普及しました。その後も時代の流れとともにバージョンアップが繰り返され、ユーザーフレンドリーなOSと言われています。
Mac OSはグラフィックデザインや音楽、映画などのクリエイティブな分野では評価の高いOSで、家庭用としても根強いユーザーを持つOSです。
Linuxは、フリーかつオープンソースなソフトウェアの共同開発として最も傑出した例のひとつです。オープンソースであるので、非営利・営利に関わらず誰でも自由に使用・修正・頒布できシステム開発の現場では使用される頻度が高いOSです。

企業で活躍していく人材になるためには、パソコンの基礎的な知識を備え、ITスキルの向上を目指す必要があります。まなビレッジではwebアプリ開発やOS講座など、ITスキル向上に役立てることができる講座を豊富にご紹介しております。基礎からしっかり学び、アプリケーション開発案件で即戦力として活躍するスキルと経験を身につけるための講座をぜひご利用ください。ITスキル向上講座以外にも、ビジネススキル向上講座もご紹介しております。

Page Top