システム開発の基礎知識

システム開発の流れ

システム開発には一連の流れがあります。源流と呼ばれる要求定義・要件定義です。建築物と同じように、完成イメージが必要になります。基本的には依頼主の要求からシステム開発が行われますので、依頼主に完成イメージを伝えなければいけません。そのための第一歩が依頼主と合意のとれた要求定義・要件定義です。また、自社内でシステム開発を行う際にも、明確な意図を持ってシステム開発を行わなければいけません。

次に要件定義をもとにシステム化の設計をします。設計をもとにして、開発プロジェクトを組みSEによる開発(製造)が行われます。開発(製造)が終われば、テストを行い実際に現場で使用しても不具合や障害が発生しないかチェックします。すべて自社内でシステム開発を行うのであれば、運用や保守までを全て行うための知識もある程度は備わっているかもしれません。日本の企業では要件定義・設計・開発(製造)・テスト・運用保守を外部にすべて丸投げしてしまう企業様も多いです。

外部に依頼する際に注意すべきこと

依頼主とシステム開発者側の話し合いによって、要件定義が決まります。知識に詳しい開発者側の一方的な提案によってまとめられ、いざシステムを利用するときに、求めていたものと違うシステムだったということも考えられます。もちろんシステム開発者側の丁寧な説明は行われますが、依頼主もすべてを丸投げするのではなく、ある程度の知識を深めておく必要があります。ITスキルの習得とまでは言わなくても、システム開発に関する最低限の知識があれば、今後のビジネスシーンでも役立つ機会が訪れるでしょう。

システム開発者側に問われるビジネス力

システム開発者側は、システム開発技術力はもちろんのことですが、顧客に対するビジネス力も問われます。
例えば要件定義を決めるヒアリング。依頼主が求めることを汲み取り、納得していただける提案と価格の提示。そして丁寧で分かりやすい説明など、信頼度の高まる交渉力・ヒアリング力のスキルが求められます。

まなビレッジでは、様々なセミナーをご紹介しております。システム開発スキルアップのセミナーからビジネスシーンで役立つセミナーまで、幅広い層の方にご利用いただけるセミナーです。

Page Top