人材育成が企業の成長に繋がる

中小企業や大手企業問わず、毎年新入社員を会社の戦力として迎え入れます。企業にとって「人」は重要な資産ですが、大学を卒業したばかりの人材は即戦力としてすぐに活躍できないことが多いです。

学生時代に専門的な分野を学び、その分野に特化した企業に就職しない限り、ほとんどの新入社員がゼロからのスタートになります。先輩上司が丁寧に教えていくのも企業としての方針のひとつです。しかし、新入社員が多ければそれだけ教育にかける時間も費やしてしまいます。どの企業様もできるだけ短期間で新入社員を一人前に育てあげたいという思惑があるはずです。

人材育成の目的

人材育成に注力しなければならない理由は様々です。企業がおかれている状況、組織の立場などによって人材育成の目的も異なるでしょう。新入社員を早く一人前の戦力として育てあげることだけに視点を向けるのではなく、人材育成は何のためにやるのかを企業全体、会社全体で認識を合わせる必要があります。個の力も大切ですが、最大の力となるのはチームとしての総合力です。企業・会社全体が明確なビジョンを持って人材育成に取り組むことが、企業や会社全体の成長へと繋がるのではないでしょうか。

人材育成の背景にあるものとは

国内競争のみならず、国際競争も激しさを増している現代は労働集約型のお仕事は海外へ流失している現状があります。システム化・IT化も進んでいて、「人」に変わって効率的に仕事を進めてくれます。厳しい企業競争のなかで生き残っていくためには、やはり人にしかできないことを磨き上げていくことも必要になるのではないでしょうか?付加価値のある商品やサービス開発のノウハウを持つ人材が多く必要になっていく時代なのです。

ITスキルアップも大切

近年はあらゆることがシステム化されパソコンを使った業務がメインとなりつつあります。顧客データを作るにしても、データを管理するにしても、システム化されパソコンにより業務の効率化が進んでいます。より効率的に業務を進め生産性を高めるために、ニーズにマッチしたシステムが求められます。そんなシステムを開発するのも「人」です。

まなビレッジではSE養成やビジネススキルアップなど、人材育成の講座をご案内しております。
新入社員のみならずあらゆる世代の活躍を支援させていただきたく、幅広い講座をご紹介しておりますのでぜひ企業の成長のためにもご利用ください。

Page Top